種類によって、おいしいお茶の入れ方も変わりますおいしいお茶の入れ方

煎茶

煎茶:茶碗にお湯を8分目ほど入れてさまします。

no 01

茶碗にお湯を8分目ほど入れてさまします。

(上茶で70℃、並で90℃)

一人分の湯量は上で60ml、並で90mlです。

煎茶:お茶の葉を急須に入れます。

no 02

お茶の葉を急須に入れます。

(5人で10g:家庭にある大さじ2杯分)

煎茶:浸出時間30秒位

no 03

湯ざまししたお湯を急須につぎ、60秒位(深むし茶は30秒)お茶が浸出
するのを待ちます。

煎茶:分量は均等に、濃淡のないように廻しつぎ

no 04

お茶をつぐ分量は均等に、濃淡のないように廻しつぎ、最後の一滴まで絞りきりましょう。
(おいしく味わえる温度:50~65℃位)
2煎目はお湯を入れてから10秒位待ちます。

番茶(ほうじ茶・玄米茶)

番茶:お茶の葉を急須に入れます。

no 01

お茶の葉を急須に入れます。
(5人で15g:家庭にある大さじ多めに2~3杯分)

番茶:一人分の湯量はだいたい130ml。

no 02

一人分の湯量はだいたい130ml。
お茶を急須に入れてお茶が浸出するのを待つ。

番茶:お茶をつぐ分量は均等に廻しつぎし、お茶は絞りきりましょう。

no 03

お茶をつぐ分量は均等に廻しつぎし、お茶は絞りきりましょう。
(おいしく味わえる温度:75℃位)
2煎目はお湯を入れてからすぐついでも結構です。
  • 二煎(回)目は一煎(回)目より熱めのお湯を急須につぎ、一呼吸し、つぎ分けて下さい。
  • お茶の有効成分はニ煎(回)目で殆ど出つくしてしまいますので、茶葉をお取り替え下さい。

玉露

玉露:急須にお茶を入れてさまします。

no 01

急須にお茶を入れてさまします。
(上茶で50℃、並茶で60℃)

玉露:茶碗は玉露用の小さめのものを使用。

no 02

急須のお湯を茶碗に7分目(約20ml)ほど入れます。
残ったお湯はすててください。
茶碗は玉露用の小さめのものを使用。

玉露:お茶の葉を急須に入れます。

no 03

お茶の葉を急須に入れます。
(3人で10g:家庭にある大さじで軽く2杯分)

玉露:お茶が浸出するのを待ちます。

no 04

茶碗のお湯を急須にあけて2分位お茶が浸出するのを待ちます。

玉露:お茶をつぐ分量は均等に廻しつぎし、お茶は絞りきりましょう。

no 05

お茶をつぐ分量は均等に廻しつぎし、お茶は絞りきりましょう。
(美味しく味わえる温度:35~40℃位)
2煎目は冷ましたお湯を入れてから30秒位待ちます。

このページのTOPへ