大切なお客様に、これだけは守りたいお茶のマナー

  1. 客間に入る時は挨拶を忘れずに。
  2. 両肘を体につけ、お盆は胸の高さで持ちましょう。
  3. 低いテーブルへの置き方は、膝を折って姿勢よく。
  4. お出しする順番は上座のお客様から。
  5. 奥座の人に出す時は、手前の人に「失礼します」の言葉を忘れずに。
  6. お茶を出す時は、髪にふれないように気をつけましょう。
  7. 左側の人に出す時は、茶托を左手に持ち軽く右手を添えて、右側の人には右手で持ち、左手を添えて出すように。
  8. 「熱いうちに、どうぞ」などと一言そえるのも大切です。
  9. .退室するときも、挨拶は忘れずに。
  10. 茶ガラは、すぐに捨てるようにしましょう。

長時間いらっしゃるお客様に

 長時間いらっしゃるお客様には、最初にお出ししたお茶とはちがったお茶をもう一度お出しすると喜ばれます。煎茶の後は、香ばしい香りのほうじ茶など工夫することこそ、お客様に対する心づかいが感じられるのではないでしょうか。

口紅をお使いの方へ

 お茶を召し上がられたあと、色あざやかに口紅が茶碗の縁に付着することがあります。

※さりげなくきれいに拭き取ってから、茶碗を戻すようにしてください。

 

お茶のマナー01

お茶のマナー02

お茶のマナー03

このページのTOPへ