債権損失補償事業のしくみ

債権損失補償事業のしくみ

設立

昭和47年8月29日財団法人鹿児島県茶取引安定基金協会として発足
(昭和51年6月23日社団法人へ改組 平成24年3月1日定款変更)

事業内容

(公社)県茶業会議所は、茶市場(県内取引、県外取引)において、卸売業者が買受人からの債権回収が困難となった時、買受人ごとに定める限度額の範囲内でその債権を補償する。

補償負担金

出荷者は卸売業者を通じて取引金額の0.05%を負担する。

準備資産

(公社)県茶業会議所は、損失補償の財源として、出荷者の負担金、資産の運用益等をもって準備資産を造成する。

このページのTOPへ